読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もちもちたいむびより

日々の出来事、思う事。

独り言

おもうこと

最近怒る事が多くなった。昔から怒っていたけど、その怒り方は後からブウブウ言うだけの何の生産性もないもので、今は相手に伝えるように言葉を続けている。

何をきっかけにそうなったのかわからないけど「一人じゃ無理だ」と私が気付いたんだろと思う。それから色々考えるようになって、さっき自分が探していた言葉が一つ、見つかって気がした。

たくさんの人たちと関わるようになって、今まで自分1人で自由に動かせていたものが急に動かなくなった。それでも「そのまま全てを私がやる」という選択肢もあって、最初はそのつもりだった。でもどこかでその選択は正しいのかと問う自分がいて、環境が変わったのに同じ事をやり続けるのは何かのチャンスをつぶすような気がした。

違うやり方に慣れてないからどうしても楽な方を選ぼうとする自分もいる。だけど今ここで、ここ数年の自分の「一番選びたくない選択をあえて選ぶ」という行動習慣がニュッと芽を出した。

 

きっと今まで一人で自由にやってきた。だから人と関わるのが難しいと感じる。けれど、その人とちゃんと向き合って、協力して何かを作ろうという新しい考えは、私一人で考えた事だ。人と関わるのに躊躇して、それが一番選びたくない選択だけど、その選びたくない選択でしか、私個人でやりとけたという達成感は産まれないという事を知ってる。

そこまで考えて、まだやり遂げられていない事で、それに当てはまる大きな物事が一つある。全てがそこに集約された瞬間、あぁ、やっとわかった、と思った。

 

やる事はまだまだある。全てがはじめてから始まる。ラッキーなんて存在しない。意図して私が望みさえすれば、おそらくそこから動き出す。

伝えたい気持ちは伝わる

おもうこと

人前で話すのが苦手だ。面接も苦手だし本音を言うのもコワイから人前で話すとなると足も声も震えてくる。そんな自分が嫌であるけど「そうなるのは仕方がない。それでも、紙をそのまま読んだ棒読みでもいいから、言いたい事は言おう。場慣れしない事には決して上達はしない。失敗してもいい、後で恥ずかしがってもいいから、その場を恐れずに立ち向かえ」という気持ちで受け入れている。受け入れているけど直前になれば手も震えるし、一回躓くと頭まっ白になる。

少し前にそんな発表の機会があり、伝えなきゃ!という気持ちだけでグチャグチャになりながらボロボロになって終わり、それはまぁヘコんだんだけれど、次回頑張ろう…と受け止めた。

で、穴があったら入りたい気持ちを忘れはじめた今日この頃、上司がグチャグチャになった事にはふれず、私のその内容だけを取り上げて、今後会社に必要になることだと全体会議の場で言った。

自分が伝えたい事を心から相手に響くように言えれば、受け取ってくれる人が必ずいる。ピシッと言えたらかっこいいけどカッコつける事なんてない。「恥ずかしいから」「コワイから」って自分の気持ちをふさがずに玉砕覚悟で立ち向う事さえできれば、失う物が何一つ無いんだと、進んだその場所ではじめて気付ける。

モヤモヤ

おもうこと

何か確固として不満があるわけでもないのに最近ずっとモヤモヤしている。その正体が何かわからないけど、何か自分に不満があるのだとは思う。動かせるのは自分だけだし他人にどうこうしてもらいたい訳じゃないけど、他者と絡む以上は何かしらの感情が産まれるもんだし、産まれる感情の全てが美しい訳ではないのは当たり前だし。それを許せないのはきっと自分なんだろう。

世の中にこんなけ人がいても同じ人間なんて一人もいないし相談して共感してもらう事が出来ても最終は自分の決定がないと納得しない。全部自分ひとりでできたらなんて楽なんだろうかと思うけど、何か学ぶ事があるから今の状況に置かれているのも理解している。理解しているのに、何がこんなにモヤモヤとするのだろう。最初はみんなゼロから始めるもんだし、そこに失敗はつきものだし、失敗する事に恐怖はない。

正解も不正解もないけど、自分の今やっている事は正解なのかと言われれば正解だと思う。思う「のに」モヤモヤするのは、やっぱり一人でやる方が絶対楽だわって思ってる自分がいるからだと思う。

大切な人達の為だけに気持ちを動かしたいのに、そうじゃない所で気持ちがものすごく動かされている事の疲れかな。三日くらいボーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッとしてたら「ハッ!!!」って目が覚めそう。

何か1つカチッてはまれば全てがうまくいきそうな気もする。何かがズレてるから気持ち悪いんだろう。

日記で見る、去年の私

日常

ブログではなく日記も書いている。久しぶりに書きたくなって、ノートを取って、なんとなく去年の今頃は何してたんだろうかとページをめくった。

 

あぁ、そうか。去年の今、私の人生で一番の勇気をふりしぼったんだ。最近何かを引き寄せて生きている気がずっとしてるけど、今の心の琴線に触れるには十分すぎる答えを、去年の私は持っていた。私自身が私を引き寄せた。

 

去年の私が、今の私に残した言葉に、私は近づけたのか。形だけなら、想像以上のものを手に入れたと思う。だから、今の私は来年に何かを残さないと。言葉以上の何かを手に入れるために。

心改め

おもうこと

人と関わる事が多くなり、その分「なんだコイツ」と思う事が増えた。

自分より十以上上の人なんてこの先考え方を改める事なんて無いし、注意した処で理解できる訳もなく、だから皆から相手をされなくなっていっているのだろうけど、本人はそんな空気を読む事もなく…。周りが疲れるから私もできるだけ関わりたくないのに仕事だとそうもいかない訳で。

 

ある画家の事を調べていたら、その画家の事を説明している人が画家を称えつつ、自分の経験から「周囲から悪く言われない人間に、仕事の出来る人はいない」という事を書いていた。

 

ほう…。

いや、でも私が不満に思ってる人材は絶対出来てないと言い切れるわ!と思った後、でも、私がしっかり仕事が出来るなら、レベルの低いやつをわざわざ相手しないという事か、と思った。

 

レベルの低い人間を相手にしてる時点で私のレベルも低いんだ。そんな人相手にする暇があったら自分の事を考えてもっと良い仕事しよ~って思えるようにならないと。心改め自分を磨くか…。

 

 

 

全て自己責任

おもうこと

モヤモヤする事が多くなった。愚痴りたいと思う事もあるけど、それを言葉にするのも何か違う。私は一体何に怒っているのだろうか?と自分に問う。

壁にぶち当たって考え方を変えた。変えた結果、全ては自己責任なんだと思った。笑う事も、怒る事も、その決断も、その一言に傷つく事も。

今面白くないと思っている事は他人のせいじゃない。状況を変えられない自分にイラつき、それを人のせいにしたくて、だから自分が正しいとも言えずに、何も言葉に出来ずにいる。アンサーを知ってるのに、その過程に溺れる。答えはきっとシンプルなのに。

 

誰かに頼りたいわけじゃない。でも、この状況を上手くに話せるなら。間違わずに伝える事が出来るなら、ただ聞いてほしい、というのはワガママなのだろうか。

悩みでもなく、私がブレずに決断さえ出来れば解決する問題。

捨てなければならないのは、私自身だ。

 

 

イメチェンしても消えないもの

日常

昔はキャバ嬢だとか美容師とかショップ店員などと言われる事が多くて、私もそれらを好んで身に着けていたけど、年齢を重ねると服装や好みも変わってくる。TPOが気になってくるし肌や体形が昔のままだと思ったら大間違いだ。変えざるを得ない事もあるだろう。

最近は精神的にも落ち着いたのか白とか爽やかな色味で、ラインもタイトも着るけどちょっと可憐な清楚らしい女性らしい物も好んで着るようになった。昔だったら絶対NGのようなアイテムも「うむ、可愛いゾヨ」と思って着る辺り、丸くなったのだろう。

しかしそれでもなぜかミステリアス臭は消えないようで、どれだけ爽やかな服を着ようが清楚にしようが根本的に“何か”が残るようで、初対面の人に久しぶりに言われた。

「夜のにおいがする」と…。WHAT!?

 

そう思うと昔の方が自分に似合う物を選んで着てて、年とったから保守的になって無難な方に逃げてるのかなってちょっと思った。

どうせイメチェンしても消えない個性があるならソレをどうしようもないくらい伸ばしてみるのもアリなのか。似合う物を選べる自信はあるけど「何処に行く気なんだ」ってくらい派手派手しい恰好になる事間違いなしだ。困ったなぁ…。