読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もちもちたいむびより

日々の出来事、思う事。

迷い

年が明けて、真剣に色んな事を考えはじめた。自分の非力さに少し嫌になってる。

いつでも良い状態でいられるわけじゃない。去年は珍しくずっと機嫌が良かった。それが異常だったとは思わない。むしろ“本来こうじゃないとおかしかったのではないか”と思った。と、なると、今の状態はあまり良い状態ではないのかも知れない。去年出来て、今年出来ていない事があるのか。それとも真剣に色んな事を考えるのが、私らしくないのだろうか。真剣に考える事が、私らしくないって、どんな状態なんだ。

ひとりでいるのが好きなのに、去年は人とあれこれする機会が本当に多かった。それで疲れた事もあるし、ひとりじゃできない事も色々学んだ。楽しいと思えた。それにちょっと疲れただけなのか。無理やり人と繋がる必要はないのではないか?と脳裏にチラつく。

でもそれは今までの私。変えないといけない部分だと分かってる。でもそれも本当にそうなのか。それがまだ分からない。

今までの私は、自分に合った場所に運ばれていた。今の場所は何を示しているのだろう。ここを超えたら、私の本当にやりたい事が待っているのだろうか。だとしたら、しなくても、私は今の場所を全うしたい。

そう、それでも、全うしたいのだ。いつだって。ずっと。今までも。

なら、何を迷うというのだろう。何がこわいと思うのか。

 

去年の後半くらいから部屋の掃除をずっとしている。かなりの物が無くなった。何をこんなにため込んでいたのだろうかと思った。新しいテーブルに変えたら小さくなった分使いやすくなった。それに合わせて椅子も変えたけど、使いやすくなった。自分が思ってた以上に不便だと思ってた事は、部屋中にあった。それを全て捨ててしまいたいと思った。新しい物を迎え入れたくなった。それがなぜ今までできなかったのだろうか。ほったらかしにしていたのだろうか。今だから出来るようになったのか。自分の心変わりの意味が知りたい。そんなものに意味なんてないのかも知れない。でも私は知りたいと思う人間なのだ。何か1つ、その言葉1つ、そこに意味を見出したい。ヒントは少しでいい。それだけで10も20も生み出せるから。

自分の弱点として、人と関わると意見がぶれるという事があるのと、そのくせ誰かに背中を押してもらわないと一歩進むのが遅いという事だ。人の意見に気持ちを入れさえしなければどうだっていいのだろうけど、感情を入れすぎる。良い所なのかもしれないけれど、重荷でもある。長所と短所は一緒なのだろう。その中で自分の意見をどれだけ言えるかという事をずっと挑んできたつもりだ。その延長で一人で決断もしてきた。前に比べると遥かに良くなった。それは自分で言い切れる。それなのに、なんでこんなに気持ちにストップがかかったのだろう。私は何に私を縛り付けたのか。これが焦りというものなのか。私はこの状態の時が一番もろい。我慢するしかない。この一瞬を。黙って過ぎるのを待つしかないのに、いつも何かを求めてる。何がこんなに怖いのだろう。

 

言葉はダムの放流のように

おもうこと

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。 

 

マザーテレサのありがたい言葉。

今年は周りと比べる物もなく、ただ一人で黙々と高みを目指した。環境が変わるとこれだけ違うのかと毎日が新鮮だった。自尊心が低いのにプライドだけは高い、こじらせ気味の私は、他人に対して「なんでこんなものもできないのか?」とよく腹を立てていたし、すぐに「無理」「できない」という人間が嫌いだった。それらに囲まれてストレスフルだった状態。抜け出せた今だから分かる。私が普通に出来ていた事は、一般的には少数派なんだと。

 

あれが一生続くとは思っていなかったけど、あの世界だけが現実だった。思考は言葉になって、言葉がダムの放流のように溢れる毎日。人を寄せ付けないオーラをまとって、最後は潰れた。比べる物がなくなった今。愚痴も出ないし不満もない。人の愚痴も余裕を持って聞ける。そんな自分に逢える日が来るとは思っていなかった。救いの手を差し伸べてもらえたのは、それだけの価値が私にはあったのだろうか。

 

上しか見なくなった。その思考から考えられる言葉の数々。人には言わずに心留めて、ひたすら地道に行動に移した。目まぐるしくチャンスは訪れ、逃さないように必死で掴み続ける毎日。人にどう映っているかなんてどうだっていい。私はこのままどこにたどり着くのかをただ知りたい。上しか見ない。走り続けてあの場所が見えなくなる場所まで、私は振り向かない。何度も何度も自分に言い聞かせて、今のこの状況に感謝する。

 

新しく知る事を楽しもう。知らない事をもっと知ろう。

生きている事が芸の肥やしになる。言葉を産み出す。

受け取る言葉には意味がある。受け流さずにどれだけ自分に落とし込めるか。落とし込めていたのか。本当は何も変わらず、ずっと側で見守られていたのではないか。

見落とした過去を知ろう。知らなかった事は自分の中にもある。それはこれから必要になると思ったから、新しく見えた事。新しい引き出しに変える必要があるから、見つけられたもの。

埋もれていた記憶の中に、すでにインプットされていた言葉の数々。これらを私はアウトプットしていくんだろうか。

今まで口にしていた言葉のニュアンスももっと大切にしていきたい。今まで使っていた言葉は過去の産物で出来ている可能性があるから。その効力じゃない言葉のほうが、これから先には合っているのかも知れないから。

全てが違って見える。全て違った角度で見たい。抱えていたものに飽きたんだ。もっと新しい言葉に出会いたい。

居場所

日常

同じ志の人が側にいなくて、期待もされていない所に、どうしたら居場所を作れるだろうかと悩んでいた。やるしかない。それだけで手探りで進んでいたけど、助け船は出されるもので、あれよあれよと運ばれた。

それが奇跡なのか、勝ち取ったものなのかは分からない。「信じるものは救われる」とは良く言ったものだ。でも、その信じる事が難しい。

あの時、ひた隠しにしていた気持ちが吐けるようになった。その変化をどれだけ望んだんだろう。一人で必死に生きていた。足元救われるのが怖くて仕方ないのに、強がって気丈にふるまった。その無駄な態度を取る事が、本当に無駄だと頭でわかっていながらも、感情がそれを許さなかった。でも、その場所から引きはがされた時に、全て決まっていたんじゃないかと思う。進むべき道をちゃんと進めた結果なのではないか。

気持ちの変化が大きすぎて、過去の全ても見えだした。色んな事に気付いてなかった。くみ取り切れていなかった。後ろを振り返るのもいいけど、目の前にやる事も広がっている。今変えたい物は全部変えたいし、変えないと何も変わらない。

この先、どこに着地するんだろう?という不安のような期待。思い描いた形とは少し違うけど、かなり理想に近い。あとはこれを固めてしまうだけ。そこが決まればもう誰も文句言わないでしょ。

模様替えをする前から気持ちは変わってる

おもうこと 日常 細々ひとり暮らし

ネットで注文していたテーブルが届いた。10年近く住んでいるこの部屋で、ずっと変わらず使い続けていたテーブルと置き換えたら、これだけ部屋の雰囲気が変わるのかと驚かされた。

使っていたテーブルに不満があった訳ではないけど、ここ最近の自分の心情の変化から、部屋の家具が何も変わらない事に違和感を覚えてしまった。私の気持ちはこれだけ動いているのに、部屋は何も変わらず、使い続けている物がある。それは、何かズレがあるような気がして、全てを捨てられなくても、変えられる所は変えていこう。自分が今欲しいと思う物を側に置こう。そう思った。

テーブルを置き換えると、座椅子のサイズが合わなくてそれも変える事になった。小物を全部捨ててウォールステッカーだけで部屋を飾ろうと考えていて、ウォールステッカーを買ってから、捨てようと思っていた小物たち。ウォールステッカーを買う事が決まっているなら、先に捨ててもいいじゃないか。何を先送りにしているのだろう。小物も捨てた。カーテンも、炊飯器も、変えてしまおう。変えようと思っている今のうちに。

 

今年は悩んだり迷ってる暇を与えられなかった。それに合わせて進められる私もいた。最初はしんどくて落ち込んだりもしてたけど、いつのまにか出来るようになってて、何が起こっても「そうきたか!」と楽しめるようになってた。

ここから始めたいと思った。今の私が選択した物で部屋を入れ替えたくなったのかも知れない。部屋の模様替えをしたり、掃除をすると運気が上がるとよく言われるけれど、自分がこの先の未来に賭けても良いと心から思えた時に、一念発起してその覚悟を表す行為として身辺整理を行うのかも。

自分がどうなりたいのか、どうしたいのか。そのビジョンを明確にする為にも部屋をスッキリさせるのは良い。今の自分に必要なもの、いらないもの。ちゃんと整理すれば欲しいものだけを手に入れられる。

 

さて、次はカーテンかな。欲しいのあるかな~。

 

99の「はたらく」言葉。

日常

部屋の一角に小物雑貨を置いている。常設しっぱなしでなんの手入れもしてないからいらない物は処分しないとなって思って、手に取った。99の「はたらく」言葉。

3年前にほぼ日主催の「働きたい展」でもらってきた名言集のような物だ。

それをペラペラと見ているとやっぱりエネルギーがもらえるので(これはやっぱり捨てれないな)と思いながら、3年前のその時の私を1つ、思い出した。

 

はたらきたい展には、感想など、なんでも書き込めるノートが机に置いてあった。友人と2人でそれぞれ書いた。私が何を書いたか細かい事は全部忘れたけど、あの時絶望の最中で、それでも、それでも、この仕事だけは全うしたい、という物があって、それにすがるように生きていた。その時の切なる願いと誓いを込めた気がする。恥ずかしくて友達にも見せられず、長い時間をかけて書いたのを友人は隣で待っていてくれた。

その切なる願いを込めて、ちょうど3年経った。あの時の私の願いは、しっかり叶えた。自分を裏切らず、自分だけを信じて、やりとげた。と、言うにはまだ早いのかもしれないけど、あの時どん底にいて願った事を考えると、私が望んだ場所には到着している。だからさ、今から、これから望む物は、きっと叶えられると思うんだ。

自分が願えば、自分さえ裏切らなければ、それらは叶う。誘惑に負けそうになっても、先が見えなくて怖くなっても、知ってる景色へ引き返したくても、一緒に歩く人がいなくても、誰にも期待されなくても、その道を進む事だけ止めなければ、ゴールは見える。必ず見てる人が何処かにいる。

それらはすぐには見つからない。長い時間に賭けるしかない。そうやって強くなるしかないという事を、私はいつのまにか覚えてた。

あの時の私は本気だった。あのノートに何を書いたのか見てみたい。

今なら恥ずかしげもなく友人に見せつけるように書くし、バカみたいに強気の言葉で自分を書き立てられるけどね。

そうなるのに3年。悪くないなって思える。

おもいつらつら

おもうこと

辛かった時に文字を綴り続けた。誰に見せるわけでもなくひたすら書いてた。辛い時ほど言葉が産まれやすかった。落ち着きを取り戻すにつれて吐き出すモノも無くなった。書かなくなったわけじゃないけど、今はいらない、という日々が幸せだった。

今、それはあり得ない。幸せなのに言葉が産まれ続けるし、その言葉は前を向いてるものでしかない。後ろ向きな言葉に違和感と、その言葉を吐く事で感情が下向きになるのが分かるから吐かないようにしている。というか吐きたくない。書いても書いても書いても書いても、言葉が溢れ出る。こんな事、今までなかったから何の前触れなんだろうかと思ってる。

 

「過ぎて消化出来ればそれは財産になる」と言われた。「財産」という言葉の響きがとても良かった。その時に価値がなくても、時間が経てば味が出てくる。それが自分の好みとも限らないけど、愛着だとか色んな気持ちが沸き上がるもの。今の自分が好きだと言えるのは、この財産のおかげだ。本当に感謝してる。

 

その時はどうしたら手放せるのかばかりを考えていた。手放す為に嫌な事をずっと自分の隣に置いていた。「嫌だ」という気持ちを何度も認識させて、それに打ち勝つ必要があった。手放す事ばかり考えて新しい事にチャレンジしている間に、新しい事が楽しくなって、いつのまにか忘れてた。明確にどうしたかという事が思い出せないのに、いつのまにか手放してた。気付いたら私とソレらが交わらないように、見えない力でも働いているのかというほど交わらないようになった。私が変わってしまったのだと思う。自分の正しい時間の波に乗れているのが感覚でわかる。もしこれが私の時間の波なのだとしたら、やっぱり人と同じではないと思う。このことを今は何度も確認しないと、明日にはもう違う時間の流れがやってくる。

いつか「『1年後にこうなるとは思ってなかった』って絶対思うから」という事を言ってたけど、それすら今は1週間前の事が、予想だにしなかった事のオンパレードだ。今までの私なら避けていたものも、避けてる暇もないし、真っ向勝負してるから悔いもないし。自分だけは絶対に裏切らないという自信もついた。後は他人に対する甘えをもっと減らす事だろう。どれだけ独り立ちするんだって思うけど、多分そういう人間なんだろうなって思った。昔は「そんなに抱え込む必要はない」とか「一人で頑張りすぎないで」とかっていう甘い言葉に惑わされてたけど、もう迷わない。抱え込むし、抱え込めるだけの器を作れば「抱える」事にはならないし、一度頑張ればその先はサクサク進める事も知ったし。やればできるんだよ、きっと。

私がそう思ってからのほうがずっと、私が好きな人達が側にいてくれる。大切だと思える人達がいる。これが今の私の結果なんだとしたら正しい道を進めたんだと思う。

私は好きな人達と、毎日を過ごしたい。

独学かマニュアルか

おもうこと

帰宅途中、電車の中で私は「周りが誰も知らないから独学で全てやってるけど、そこを評価されるのはいいけど、自分が攻めている部分は一部分でしかなくて、本当はもっと広い視野で見た方がいいと思うけど、自分の視野だけだと、攻めている部分以外の所が見えなくて不安になる」と言った。自分で言ったけど、言った後、ほんとそうだよなって思った。

元々マニュアル通りにやるのが苦手だ。言われたとおりにして何が面白いのか、マニュアル以外の事だって色々あるのに、これが正解みたいに言われるのが嫌だ、というひねくれた思想の持ち主だ。でも独学は独学で不安は産まれる。不安が産まれた後、はじめて私はマニュアルとか基礎の部分を認める事が出来るのだろう。順番が逆だと思うし、遠回りをしているとは思うけど、私がマニュアルを先に覚えると、マニュアルしか見えなくなるような気がするし、それを言い訳にして他を認めないような気がする。それくらいマニュアルって盾として強いと思う。それを盾にしてきた人間を何度も見てきた。それが不快な記憶でしかないから、私はそれをしたくない。

独学と個性を合わせて作り上げてるけど、それだけじゃきっとどこかで頭打ちになる。もっと視野を広げないと。そこをこじあけられるかは努力次第。どれだけ自分が変化に対応しきれるか。意見に耳を傾けられるか。考え続ける事が出来るか。

やりたい事が毎日増える。それだけが道しるべ。