もちもちたいむびより

日々の出来事、思う事。

日常

彼氏が倒れた

ラインで軽い感じで「体調悪くて~」と言うからのんびり差し入れをスーパーで買ったりして、家にこもるにはもったいないくらい春と夏の間の丁度いい日差しと風の中、ゆったりと軽い気持ちでお見舞いに行き、爽やかな外の風に押されながら、マンションの部屋…

金が無い時は自炊した

極貧時代は365日自炊で、お金が豊かになった分、時間が無くなった今は外食三昧。その生活にも慣れて心にゆとりが出来、少しだけ自炊しようかなという気持ちになりはじめた。そこで改めて気付いた。だてに8年くらい自炊していただけあって、冷蔵庫にあるも…

髪を伸ばしたくて4か月我慢して美容院に行った結果

髪を伸ばしている。4か月我慢していい感じの長さになってきた。毛先は傷んでるけど。毛量がヤバイけど。こういう時に美容院に行くかどうかで悩む。美容院に行って「毛量だけ減らして」と言っても、物理的に切られてるから絶対に短くなると思っている。だか…

私の頭の中の3択クイズ

ご飯を作るのを考えるのがめんどくさくて、同僚に今食べたい物を聞いて、言われたご飯を作ろうと思った。「豚キムうどん」だった。そんな気分じゃないと答えて、スーパーでキムチと豚とうどんを買って帰った。 もし明日結局何にしたのかと聞かれたらどうしよ…

なら瑠璃絵2017

2回目のなら瑠璃絵。久しぶりにいったけど、めちゃめちゃパワーアップしてました。 会場一面ライトアップ。めっちゃキレイ! 防寒対策は万全にしていったけど、カメラ持つ手はさすがに死んだ。その後のあったかい飲み物で生き返ったけどね。楽しかった。また…

居場所

同じ志の人が側にいなくて、期待もされていない所に、どうしたら居場所を作れるだろうかと悩んでいた。やるしかない。それだけで手探りで進んでいたけど、助け船は出されるもので、あれよあれよと運ばれた。 それが奇跡なのか、勝ち取ったものなのかは分から…

模様替えをする前から気持ちは変わってる

ネットで注文していたテーブルが届いた。10年近く住んでいるこの部屋で、ずっと変わらず使い続けていたテーブルと置き換えたら、これだけ部屋の雰囲気が変わるのかと驚かされた。 使っていたテーブルに不満があった訳ではないけど、ここ最近の自分の心情の変…

99の「はたらく」言葉。

部屋の一角に小物雑貨を置いている。常設しっぱなしでなんの手入れもしてないからいらない物は処分しないとなって思って、手に取った。99の「はたらく」言葉。 3年前にほぼ日主催の「働きたい展」でもらってきた名言集のような物だ。 それをペラペラと見て…

言葉があふれ出る時

ブログと使い分けをしている訳でもないが、日記を書いている。書きたくなったら書くという自由な日記だけど、ここ一か月くらい自分で気付くぐらい書いていた。 この数年で自分をとりまく状況が変わったせいか、パラパラめくる度に自分の情緒不安定具合が激し…

記憶と感情にズレを感じたらその感情は即刻で捨てるべし

絡む事はないだろうと思ってた人と食事する事になった。その人と出会いたくなかった訳ではないけど、出会わない方が何かと都合が良かったから。だけど都合が良いのはその時の話で、二人立場が違えば今は話せる事があるかもしれないと思って食事をした。 結果…

春日大社の藤浪之屋の燈籠

春日大社が20年に1度の「式年造替」を行っている。神様の住まいを建て替える為に仮殿に一時的にお引越しをされているようで、その本殿の修復中は特別参拝を行っている。禁足地の参拝や藤浪之屋の明かりのついた灯篭が見れたりして、本殿が修復中で網が貼られ…

休憩中

イベントでアイドルがブースに来ててすごい外が盛り上がってるけど私はケーキを食べるのだ。もぐもぐ。

日記で見る、去年の私

ブログではなく日記も書いている。久しぶりに書きたくなって、ノートを取って、なんとなく去年の今頃は何してたんだろうかとページをめくった。 あぁ、そうか。去年の今、私の人生で一番の勇気をふりしぼったんだ。最近何かを引き寄せて生きている気がずっと…

イメチェンしても消えないもの

昔はキャバ嬢だとか美容師とかショップ店員などと言われる事が多くて、私もそれらを好んで身に着けていたけど、年齢を重ねると服装や好みも変わってくる。TPOが気になってくるし肌や体形が昔のままだと思ったら大間違いだ。変えざるを得ない事もあるだろう。…

なんか微妙に引き寄せてる

慌ただしく毎日が過ぎてて中々自分がリフレッシュする時間という物がない中で「これ気になる」と思った事や物に近い物がポッと出てくる頻度が高い気がする。この人ちょっと楽しそうな人だな、話してみたいな、と思ったらすぐその機会が出来たり、睡眠の質の…

部屋を片付けようか

いつだったか友人に「たぶん○○は今は停滞期なんやで」と言われた。ほんとそうだったんだと思う。何をしても上手くいかず、何をしても何も変えられなかった。 何も変えられなかった結果、自分を変えるしかなく、変えた結果、滝のように流れだして止まりそうも…

見知らぬ人に親切を

昼休み。雨。傘を差してランチに行く。窓際のカウンターで、ちょっと背が高いイスに座った。お店はスカスカで、隣の席のイスにカバンと置いて、ジャケットと傘をかけてと。 窓の外を眺めながらご飯を食べ、本を読みながら休憩を楽しんだ。休憩時間の終わりが…

敵はあまりにも多い。奴らと同じレベルで戦うな

最近自分であんまり愚痴を言わなくなったな~とか思ったら今日めっちゃ言ってた。ジャックナイフひゅんひゅん言わせて「オコ!」ってなってたので今反省している。 昨日、黒人差別が根強く残ってた時代に黒人初のメジャーリーガーになり、差別に耐えながら素…

別れに悲しみは憑き物

心にずっとモヤモヤが消えないという事はとてもつらい。一体なんだったのだろう?という事に長い間翻弄されていた。その翻弄からやっと開放されるような気がしている。 どうする事も出来ず、言葉にしてもそれは届かず。届かない言葉は絶望でしかなく、それを…

焦げた鍋には重曹を。 ~暗黒に光を~

鍋焦がしました。2回目の使用で圧力鍋の底を真っ黒にしました。何が悲しいって妹の結婚式で頂いたカタログギフトで選んだ引き出物の品なんです。それを2回目で真っ黒にした。妹よ、お姉ちゃんは人間失格だ。 ショックすぎて写真撮る余裕も無く、鍋の底の9…

記憶した事、忘れた事

友人が新しい一歩を進む為、遠く離れた場所に行く。その前に会っておきたいという事で一緒に食事をし、これからの事や今までの思い出話を織り交ぜながら会話をしていたら、私が完全に忘れてしまった記憶を友人が持っていた。今でも私を苦しめるその記憶の始…

らぶらぶ老夫婦

お歳を召したご夫婦が手をつないで歩いているのを見かけると、素直に「羨ましいなぁ」などと思ってしまう。暖かくなった春の季節、綺麗に整えられた短い白髪のメガネを掛けたご夫人が自転車に横乗りしておじいさんの後ろで微笑みながら運ばれているのを1度…

お百度参りをしている人をはじめて見た

神社にお参りに行くと気持ちの整理が出来るので、定期的にお参りに行っている。定期的にいっているのに初詣には行っていなかった。ので、今日、いつもの神社にお参りに行った。 階段を上がっていくと拝殿で拝んでいる人が見えた。あまり大きな神社でもないの…

髪を早く伸ばしたい

久しぶりに髪を伸ばそうと思った。そう思うと早く伸びて欲しいな~という欲が出てくる。そして心待ちにしすぎて毎日鏡を見ては「まだ伸びないのか」と思ってしまう私であります。そして断念してバッサリ・・・という事が今まで何度あったことか・・・。 すぐに伸び…

珈琲専門店『ザ・ミュンヒ』で一生分の愛のポエムを浴びてきた

最近メディアで取り上げられまくってるらしい珈琲専門店『ザ・ミュンヒ』。一杯10万円で提供される珈琲があり、他の珈琲もマスターこだわりの創作抽出した珈琲なのだとか。 テレビで見た事は無いけど人から聞いた事があり、その近くまで行く用事があったので…

妹の結婚式

先日妹の結婚式だった。 今でこそ仲が良いが、昔は本当に仲が悪かった。特に理由などもない。兄弟姉妹なんてそんなもんで仲が悪い事もあると思う。殴り合いのケンカではなく終始冷戦で、1年間で話す言葉なんて一言、二言。その一言、二言も、目があえば「な…

スマホ。それは迷惑メールやない。マイフレンドや

スマホに大量の迷惑メールが届く。迷惑だ。なので自動でゴミ箱に入るように設定している。200、300・・・と増え続けるので、溜まったらまとめて削除するためだけにメールボックスを開く。沢山たまってた今日。メールボックスを開く。パカリ。 上から2通目に友達…

ウイスキーのにおいが好き!

私が小学生くらいの頃、母方の田舎はまだ酒屋を営んでいて、そこから流れてきたのか実家にもウイスキーやジンなどの瓶が並んだ棚があった。棚を開けるとウイスキーのいいにおいがして、飲めもしないのに棚をパタパタ開けてはにおいだけを楽しんでいた。 数年…

空回りしたけどそんなに悪くなかった話

ここ1ヶ月間くらい、仕事がめっちゃ忙しかった。簡単な仕事は先に終わらせて、思い仕事だけに集中したいタイプなのですが、簡単な仕事がポンポンと結構やってくるわけです。昔と変わらないのは、絶対に手を抜かない事。昔と考え方が変わった事は、いちいち…

気が小さすぎる話

来月、好きなライターさんが我が県の大学で講演会をするらしい。誰でも入れる無料の講演会らしいので行ってみようと思うけど、私、高卒なんです。大学って・・・。そんな簡単に入っていいものなんだろうか。私みたいなアラサーが。講演会という物もはじめてだし…

妄想による不毛な戦い

「商談してお金もらえなくてそれを上司に伝えたら『もっとこうしないとダメ。私ならこうした』とか『強気でいかないからだ。こう言われた時はこうする。』とか、色々言われるのがもう目に見えてる!」と言って、妄想だけで風前の灯火のように弱弱しくなって…

褒め言葉にはありがとうを。

基本的にひねくれている。ので、人から褒められても「いやいやいや」とか「そんなことない」とか言って否定から入り、「ありがとう!」と認める事は出来ない固体である。それでも本当に相手が「凄い!」と思ってくれている場合もあるから、やっぱり言葉をそ…

涙腺崩壊してる3人でバケモノの子を観にいった

涙腺が崩壊している。金曜ロードショーでトトロやってたらメイのサンダルが見つかって走るサツキを見て泣くし、メイのサンダルじゃなかった事にまた泣け、早とちりしてたバアちゃんの緊張の糸が切れてまた泣くし、スバルのCMでまた泣くのである。 以前に後輩…

伯父さんとの最後の思い出

おじさんが亡くなりました。38歳の時に病に倒れて63歳でこの世を去りました。私が物心付き出した頃にちょうど病に倒れました。おじさんが元気だった頃の記憶はほどんどありませんが、電話でいつも楽しそうにテレビで流行っていた歌のワンフレーズを歌ってく…

おねえ疑惑の男性が新人をロックオンした

職場の男性のおねえ疑惑が絶えない。肌の調子が良くないと言えば「まずは洗顔の見直しを。下から上に向かってたっぷりの泡で洗ってですね・・・」などとレクチャーが始まり、寝付き悪いと言えば「寝る1時間前くらいにぬるめの湯船に使って体を温め、ストレッチ…

今回の『ルピシア・グランマルシェ』のお土産がすごく良い

新茶の季節に様々なお茶を試飲させてくれる紅茶の祭典『ルピシア・グランマルシェ』に行ってきた。予約していくとちょっとしたお土産をくれる。今回はティーパック3種類と小さなおやつの詰め合わせ。紅茶とお菓子が楽しめる幸せセットだった。貰った時は気…

久しぶりにイチャイチャしてるカップル見てイラッとした

街中にカップルはウジャウジャと、たくさん生存している。だから駅構内で男が壁ドンして女の子がそれにポワ~となって上目づかいで見つめてて、キスしちゃうの?その距離でしないの??キス我慢選手権やってんの???ってゆうイチャイチャを見せ付けられた…

痩せの大食いが私と同じ量を食べてゲフゲフ言ってたら心配になる

私の周りには痩せの大食いが多い。痩せてるのにやたら食う。ホントに気持ちよくご飯を平らげる。そんな痩せの大食いと、ボリュームのあるお得なランチ定食一緒に食べた。私が食べ終えて「もう入らない」とフゥフゥ言っていたら、同じように「ウゥ・・・」とか言…

窓の外の交差点で嘔吐する男がいた週末

仕事終わり。ビル2階のサブウェイの窓際。目の前の大きな交差点は普段から煌びやかだけど週末になると人通りも増してさらに活気付いて見える。流れる人を眺めながら雑談をしていた。2時間ほど。外の人の流れもまばらになってきて、話も尽きかけだしそろそろ…

試験勉強の手始めにサングリアを飲もう

来月試験がある。勉強しないともう時間がない。とりあえずさっきスーパーで買ったサングリアをあけよう。「バルで飲んだサングリア」って書いてるけどバルで飲んでないしそもそもサングリアが何か知らないし。気になったから調べた。来月試験があるけど。赤…

血液型を全く当ててもらえないけど、血液型占いが好き。

血液型占いに何の根拠もないと言われても私は血液型占いを信じている。ジャンル分けされる事でダメな部分を容認されているような気がして安心できるし、ジャンル分けされた性格の「あるある!」を共感する事で取る事の出来るコミュニケーションがあるからだ…

○信号、1人で渡るの、怖くない

帰っている途中。少し広めの道路の信号を渡り終わる頃、青いランプが点滅に変わった。 向かいから自転車の後ろに小さな子供を乗せたお母さんが「ほら!ついておいで!」と後ろに向かって軽く叫んだ。お母さんが叫んだ先にはちびっ子相撲で優勝しそうな重量級…

愛をとりもどせ

恋人が欲しいと思いながら4、5年フリーのまま30代に突入。合コンに誘ってくれていた友人たちもどんどん結婚して幸せな家庭を手に入れた。そうなると出会いの機会は自分で作らないと本当に無くなってしまう。よし自分から発信だ。手始めにお見合いパーティ…

着膨れレベルがお相撲さんだった

会社から出ようとしたらエレベータ待ちしている上司と遭遇した。私を見た瞬間、ハッとしてからニヤニヤしだし「コンコロリンやないの!!お相撲さんみたいやで!!」と言われた。 寒い日用に着るボリュームのあるモコモコ生地のダウンはミドル丈。身長153セ…

カットをお願いしたら全身タトゥーの美容師がやってきた

お金が無いから美容院は安い所で済ませたい。だけども私の髪の毛、チーフレベルの人にやっていただかないと扱えないような髪の硬さ、多さ、クセがある。そんな訳で美容院ジプシーしてたけど、3回行って担当してくれた美容師全員が文句なしっていう、いい美…

リラックマの可愛さには大阪のおばちゃん達も文句は言わないぞ

体を動かしにジムに行ってきた。いつもどおり荷物をロッカーに入れて支度をしていると、ロッカーの前に設置されている腰掛けベンチにリラックマのキーホルダーがそっと置いてあった。 ここは大阪。時間帯にも寄るけど私が行く時間はおばちゃんで溢れている。…

イライラがどっか行った。

過去の事を忘れたくても、目の前でイライラする事を繰り広げられるのを見せ付けられるとイライラが止まらない。今日一日イライラしてた。 そこにベクトルを向けているのは自分だけどね。そこに目を向けなければいいだけなんだけどね! 目の前で延々やられる…

私の髪が黒すぎるのはユーメラニンだらけだからだ。

髪が黒い。黒染めよりも、黒い。 高校生の頃は茶髪に憧れていた。商業科に通っていたこともあり、マジメでもあった私は学生時代も黒髪のままだった。学校を卒業と同時に黒髪も卒業したけれど、美容院で脱色、カラーリングをするのにこんなにも時間がかかるも…

くノ一は突然姿を現した。

夜道を自転車でゆっくり走っていたら、前からエンジ色のジャージを着た、メガネの時の立川談志に良く似たおばちゃんが私の前を横切ろうとした。 避けようと私もおばちゃんも同時に思ったようで、譲り合いの精神が同時に働いた結果、おばちゃんが道のど真ん中…

素直じゃない人たちの話を聞いた

半年くらい前に友人からこんな話を聞いた。 旦那の実家に行っても姑は嫁を完全に無視するのに、お茶出しとかちょっとした事でも「全部嫁にやらせたらいいやん」的な発言をする。その他にも色々とあり、嫁として全く認められずに1年くらい経って妊娠、出産。…