もちもちたいむびより

日々の出来事、思う事。

私の髪が黒すぎるのはユーメラニンだらけだからだ。

髪が黒い。黒染めよりも、黒い。

高校生の頃は茶髪に憧れていた。商業科に通っていたこともあり、マジメでもあった私は学生時代も黒髪のままだった。学校を卒業と同時に黒髪も卒業したけれど、美容院で脱色、カラーリングをするのにこんなにも時間がかかるものかと思った。

夏休みの時限定で髪を脱色した事が1度あったが、ブリーチでまったく脱色できずに、続けてハイブリーチ2本使って、やっと赤茶色くらいに仕上がった。市販だから時間がかかると思っていたけれど、美容院でもあまり変わらなかった。というか丁寧にされる分時間がかかる。

てるてるぼうずみたいな格好のままイスに座り、頭をラップでまかれて保温される事30分。美容師さんがチェックに来る。退出。10分後チェックに来る。頭の上に円状の機械を回し始める。鏡に映る自分が神様みたいになる。10分後OKが出る。からの、カラーリング。

行き着けの美容院だったら最初から神様コースにしてくれるけど、はじめていくと「・・・抜けませんね。色も入りませんね。」がデフォルト。そして神様。

やっぱり黒のほうがいいと思うようになってから黒にしていたが、2年ほど前に明るめの茶色に染めた。美容師さんも「地毛だったら色めっちゃ入りますよ~♪ 印象ガラッと変わりますよ~♪」と言っていたが、私は(絶対指定より2トーンは低い色になるのは分かている。想定内からこの色を選んでるんやで!)と内心では思っていた。結果4トーンくらい低い色に仕上がりになった。想定外だった。女子高生達がコンブ色の黒染めを嫌がってちょっと明るい市販の黒染めの「ナチュラルブラック」みたいな仕上がりになった。後輩にも「気が付きませんでした!」と言われた。想定外だった。

 

髪に含まれている2種類のメラニンの多さで髪の色が変わるらしい。ユーメラニンが多いと黒、フェオメラニンが多いと赤~金色になる。

日本人はユーメラニンが多い人種であり、私もユーメラニンが多いのだろう。髪に何のストレスも無く健やかに育っていた幼少期は、黒すぎたのか青く光ってた記憶もある。ドライヤーを使うようになってからそういう事が無くなった。ドライヤーってやっぱり髪の毛にストレス与えてるんだ。

今はまた黒髪に戻し、ユーメラニンを育てて烏の濡羽を目指している。wiki濡烏がカラーチャートで#000B00なんだけど、青緑がかっているのね・・・。茶色っぽくなる髪の毛の乾燥にはご用心、と。