もちもちたいむびより

日々の出来事、思う事。

アトリエグーテの食パン『プレミアム』を食べてみる。

難波にある食パン専門店「アトリエグーテ」。期待して食べた山型食パンの『アトリエ』の味が好みじゃなくてガッカリしたけど、リッチな味わいの『プレミアム』はきっと美味しいに違いない。私は食パンが好きなのである。そう思いながらも完売していてなかなか買えなかった『プレミアム』をついにゲットした。やったあ!

 

アトリエグーテの山型食パン『アトリエ』の記事はこちら 

『プレミアム』は

ほんのり甘く贅沢な味わいが美しい『角型 生!食パン』

国内産小麦を使用し、国内産にこだわった生クリーム・牛乳・バターをふんだんに使用した、リッチな配合の角型食パンです。ほのかなバターの香りでコクがあり、ほんのり甘くて柔らかい、生で食べてもくせにある味が特徴です。

 

という事らしい。生クリーム、牛乳、バターと、おいしそうな要素いっぱい。

 

f:id:mochitime:20150213205034j:plain

横からドン!!!!

 

 

f:id:mochitime:20150213205015j:plain

正面からもドン!!!

 

 四角い。とても四角い。袋から引き出すとパンを掴んでいる手でパンに吸い込まれる。すごく柔らかい。

側面に薄く5センチ間隔で3本ラインが入っていて、1間隔で5枚切りのパン2枚分にカットができる目安になっている。これは切るときに便利。

ラインに沿って5枚切りの厚さにする。包丁を入れると生地がむぎゅむぎゅ、支えてる手で生地もむぎゅっ。柔らかすぎて切りにくい!出来るだけつぶさないように頑張ってカット。

f:id:mochitime:20150213205058j:plain

四角から遠ざかった。

 

生食パンと言うだけあって本当に柔らかい。トースト前にそのまま食べて見る事にした。キメこまやかでモチモチとした生地に、ほんのりとしたまろやかな甘さとバターのコク。ミミまでふんわりとしていてとても軽い食べ心地で、喉を通った後でも美味しさが口に残る。ふかふかの生パンをベロリと1枚食べてしまった。

 

トーストして食べる。

こんがりと焼きあがった表面からあまい香りとバターの豊かな香りがしてくる。原料から予想はしていたけどデニッシュのような食パン。デニッシュよりも甘さとこっくり感がひかえめ。そして柔らかい。

表面はサックリとしていて中はプチチッとちぎれるもっちもちの生地。マーガリンを塗った生地はバターを吸って、噛むほどに口の中で生地がブリュレのようにブリブリしてくる。フレンチトーストとまではいかないけどそんな感じ。耳もデニッシュみたいにサクサクしていて柔らかい。サクサクとブリブリが口の中で一個になって、溶けた。

 

アトリエグーテ『プレミアム』。生で食べても焼いて食べても違った美味しさがある。とてもリッチな味わいの食パンだ。

前に食べた『アトリエ』が500円で『プレミアム』が600円なら断然プレミアムがお得。私には高くて頑張った時のご褒美にしか買えないけど・・・。

お店の刻印が入っていてオシャレだし美味しいからお土産には凄く喜ばれそう。

あと数回、美味しい朝食がいただけます。ごちそうさまでした!