もちもちたいむびより

日々の出来事、思う事。

おしゃれな雑貨屋で器をレンタルして返しにいったら店員のお兄さんが感動して震えだす夢を見た

フランフランみたいなオシャレな雑貨屋で器をレンタルして、使い終わったから返しに行くという摩訶不思議な夢を見た。

フチの部分だけが有田焼のような赤・青・金で彩られた丼のような白い器。それをレジにいた黒スーツのシャレオツなお兄さんに返しにいった。

「いかがでしたか」「よかったです」「ちなみにですが・・・どういう風にお使いいただけたのでしょうか?」「さつまいもを煮た時に使いました。ちょっと待ってくださいね。写真撮りましたよ」

で、黒スーツのお兄さんにさつまいもの煮物の入ったレンタル器の写真を見せたらお兄さんが「・・・僕ははじめて人が料理して使ってる所を見ました・・・」って目を見開いてめっちゃ感動して震えている。

なんでやねん。器に絶対料理いれるやん。逆にこれどうやって使っててん。

感動したシャレオツ兄さん「おい!これ見てみろ!!」ってもう1人黒スーツの兄さん呼んだ。遠くからオシャレな黒スーツ2号が走ってくる。二人で器の写真を食い入るように見る。ってゆう夢を見た。

起きてからも色黒の黒髪パーマの黒スーツビシッと決めたお兄さんの顔が忘れられなかった。あんなに純粋に感動してる人はじめて見たわ。夢だけど。

 

・綺麗な食器の夢

現在の家庭生活がうまくいっていることや将来の家庭生活が順調に進むことを暗示

・食器を買う夢

食器を買う夢は、家族や親しい友人が増えることを暗示