もちもちたいむびより

日々の出来事、思う事。

急に斧を差し出される夢を見た

夢を見た。一場面だけが強烈に残って、ほとんど覚えていない夢。

白い服?を着た小さい妖精みたいな女の子だったと思う。私の横にスッと現れて、布に包まれた何かを差し出してきた。その布が凄いかしこまってる。シルクというかなんというか、なんしかしっかりと、キッチリと「大切なものがここにあります」みたいな形式の風呂敷?を差し出してきたと思ったらファサッと広げた。斧が出てきた。

前日寝すぎたので全体的に眠りが浅かったのと、仰々しい布からメッチャ普通の斧が出てきた驚きでウワッ!っと目が覚めてしまった。

普段斧なんて目にしないし実際に自分の目で見た事もない。朝、起きてからとりあえず「斧」で画像検索したら、夢のまんまの斧がゾロゾロ出てきた。間違いない。あれは斧だった。

 

<斧の夢>

斧の夢は困難に立ち向かう強い精神力が備わっている事の象徴。

強い精神力や道を切り開こうとする強力なパワー、そして物事が前進する事を表す。

斧を貰う夢は願い事が叶う事を表わしています。

 

だ、そうで。

錆びた斧だったり古い斧だとまた夢の意味は違ってくるそうだけど、私の場合布からファッサーって出てきた斧、めっちゃ新品っぽかったのでそれには当てはまらない。

物事が前進するチャンスを与えられたんだろうか。それとも何か叶うのだろうか。私の願いは前進すれば叶うようなもんだけども。

それにしてもえらい仰々しく斧が運び込まれてきたもんだ。女の子が斧丸出しで持ってくるのも怖いけど、そのほうがまだ分かりやすかった。金の延べ棒でも出てくるかと思ったら黒々とした、斧。

今夜は驚かされるにぐっすりと眠りたいもんです。