もちもちたいむびより

日々の出来事、思う事。

大きな戦闘機が飛ぶ夢を見た

前日は隕石が飛んできたんだけどね。翌日には戦闘機が飛ぶからね。夢にも偏りってあるのね。

 

母親と部屋で話していた。すると窓の外にデカすぎる戦闘機が現れた。母親に「お母さん!あれみて!凄い!!」といって窓の外を指さし、気づいた母とベランダに出る。

 

大きな道路を挟んだ向こうすぐに停止したように飛んでいる大きな戦闘機。重鎮的な迫力に見とれていたら、急に高速回転を始めたりとめちゃめちゃアクロバティックな動きをはじめた。はじめたと思ったらウォン!って空高く急上昇した。上昇したその先に目をやると、その戦闘機よりも小型な大量の戦闘機達がいて、空対空ミサイルの嵐となった。

姿は見えないがおそらく大型戦闘機が勝った。小型戦闘機の破片などが落ちてくる。その破片が母親の方向に落ちてくるのが分かった。「あぶない!」と叫んだけれど母親の額に直撃。母「いたい!」

いや、絶対痛いで済む話ではないが、まぁ夢の中である。

 

額に直撃したので頭に何か衝撃があると思って焦る私。母に額を見せてと言って、母の額を見ると無傷。それでもいやでも絶対何かあるってと思った私は母に安静にしようと言って部屋に入る。部屋に入ると母がいつもの2倍くらいの速度で布団を引き始めた。

父の布団を用意した後、自分の布団を引き出した。

 

起きた。一体なんだったんだ。

 

戦車の夢や戦闘機の夢 

精神的緊張、肉体的緊張あるいは重大な問題の象徴。重大な問題に遭遇することを暗示。

戦車が前進する夢や戦闘機が発進する夢

重大な問題に直面し、問題を解決しようと悪戦苦闘していることを暗示

戦車の夢・戦闘機の夢の夢占い - 夢の夢占い

 

隕石とちょっと意味合いが似てる気がする。抱えている物の重要性を指してるのかな。

“高い志を持ち、努力を続ければこれを切り抜けられるでしょう。 ”ってあるからそれを信じようと思う。