もちもちたいむびより

日々の出来事、思う事。

澄んだ海の上を歩く夢を見た

時々夢に海が出てくる。そのたびに世界地球紀行みたいな番組に出てくる、ビックリするような澄んだ美しい海が出てくるので気分良く朝を迎えたりする。そんな海が今日も夢の中に出てきたけど、歩いたよね私、海面を。

 

気付いたら海にいた。そこで知らない人数人と仲良くしている私が、澄み切ったアクアマリンの色をした海を泳いでいた。泳いでたけど、どうも感覚がおかしい。体が沈む気配がなくて、海面の上でエビのようにビチビチッ!と体をくねらせて見ても体半分以上が海に沈まない。おかしいと思って静止してみたら下から支えられているかのように体が浮いている。もしかして、立てる?と思ってやってみたら立てた。走った。すべるように走れた。

「なんで!?」と驚いていたら一緒に泳いでいた人に「さっきスプレー振ったから浮くんだよ。足の裏は特に強力にしてる」と言われて普通に「そんなんあるんや」と納得。泳ぐ人達と一緒に私は、海と同じように住んだ空の下、地平線に向かって猛ダッシュした。

 

という夢だった。水の感触や温度、空気や空の色全てが気持ち良かった。

 

海は豊かさや包容力の象徴。潜在意識の世界を表すらしい。

 

◆美しい海・穏やかな海…素晴らしい恋のチャンス。才能が開花し創造・     発展する

海上を歩く…成功。地位と名声と富を得る。

http://www.geocities.jp/dreamusic7/mini/d-umi.htm

 

◆キラキラ輝く美しい海の夢・・・素敵な恋愛や才能の開花、願望の成就など、素晴らしい未来を暗示している良い夢です。

◆海の上を歩く夢・・・欲しかったものが手に入ることを暗示しています。もし途中で海の中に落ちてしまったならば、助けを得られず願いが叶わないことを示しています。

http://hanayume7.com/sea-65-20150415/

 

今までどれだけキレイな夢を見たとしても、そこには必ず恐怖となるような存在があった。大体が巨大なサメだった。それが今回はじめて全く何の不安もない海を、私は走った。もし海が潜在意識だとしたなら、今の何もない海が答えだと思う。