もちもちたいむびより

日々の出来事、思う事。

尊敬する人が夢に出てきた

以前にも夢に出てきた事があるフリーライターが、また出てきた。

 

mochitime.hatenablog.com

 

その人が出てきて、文字や絵が描かれた紙の束を笑顔で私に渡してきた。

「今までの仕事の字コンテのシナリオ。○○さんにあげるよ」と言った。

その瞬間、夢だけど現実で嬉しすぎて涙が溢れそうになった感覚があった。なんのプライドかわからないけど我慢した。

「いいんですか!?」と厚かましい私。あげく

「これとか作る時ってどうやって考えるんですか?」とアドバイスまで聞き出す私。

 

一瞬だけどこれ以上の喜びは無い夢だった。

 

好きな人が出てくる事なんてほとんどないのに、二回も出てきた…。よほど好きなんだろう。神社に行って「恋したい。彼氏できますように」と、普段は絶対しないお願いを、色々思う事があってした願いをしたその夜にこの夢を見た。

神様、私の恋人は仕事だという事でしょうか…。不満はないんです。不満はないんですけど、ちょっと色々思う事があって、普段しない選択で、本気のバカなお願いをしたんです。不満はないし、その夢を見て涙が出るほど私は嬉しくて、この気持ちは今だ健在なのかと改めて思い出せた事はとても嬉しく感謝しかない事は間違いありません。不満はないんです…。不満はないんですけどぉぉぉぉぉ~ほぉおおおおおおーーーー!!!

 

 

憧れの人・・・憧れの人が優しくしてくれたり、明るい表情をしているなら、現実の世界で、あなたの願いがかなうという予兆
http://w.yumeuranai.jp/dic/dic.php?cd=010510

 

 

自分で1年ほど前にかいたライターさんが出てきた過去の夢日記を読んで、私は居心地の良い場所にこれたのだろうかと考えた。確実にあの頃よりもその場所に近づけた。

1年前に今日という日を想像できただろうか。「願えば叶う」なんて甘い物ではなく、ただひたすら自分だけを信じてできる限り実行に移した。

1年後、この場所にいられるとは限らないし、私がいるとも限らないと最近よく思う。できれば想像できなかった1年後であってほしいと願う。その為に何をしないといけないのかは、もう知ってる。