もちもちたいむびより

日々の出来事、思う事。

言葉はダムの放流のように

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。 

 

マザーテレサのありがたい言葉。

今年は周りと比べる物もなく、ただ一人で黙々と高みを目指した。環境が変わるとこれだけ違うのかと毎日が新鮮だった。自尊心が低いのにプライドだけは高い、こじらせ気味の私は、他人に対して「なんでこんなものもできないのか?」とよく腹を立てていたし、すぐに「無理」「できない」という人間が嫌いだった。それらに囲まれてストレスフルだった状態。抜け出せた今だから分かる。私が普通に出来ていた事は、一般的には少数派なんだと。

 

あれが一生続くとは思っていなかったけど、あの世界だけが現実だった。思考は言葉になって、言葉がダムの放流のように溢れる毎日。人を寄せ付けないオーラをまとって、最後は潰れた。比べる物がなくなった今。愚痴も出ないし不満もない。人の愚痴も余裕を持って聞ける。そんな自分に逢える日が来るとは思っていなかった。救いの手を差し伸べてもらえたのは、それだけの価値が私にはあったのだろうか。

 

上しか見なくなった。その思考から考えられる言葉の数々。人には言わずに心留めて、ひたすら地道に行動に移した。目まぐるしくチャンスは訪れ、逃さないように必死で掴み続ける毎日。人にどう映っているかなんてどうだっていい。私はこのままどこにたどり着くのかをただ知りたい。上しか見ない。走り続けてあの場所が見えなくなる場所まで、私は振り向かない。何度も何度も自分に言い聞かせて、今のこの状況に感謝する。

 

新しく知る事を楽しもう。知らない事をもっと知ろう。

生きている事が芸の肥やしになる。言葉を産み出す。

受け取る言葉には意味がある。受け流さずにどれだけ自分に落とし込めるか。落とし込めていたのか。本当は何も変わらず、ずっと側で見守られていたのではないか。

見落とした過去を知ろう。知らなかった事は自分の中にもある。それはこれから必要になると思ったから、新しく見えた事。新しい引き出しに変える必要があるから、見つけられたもの。

埋もれていた記憶の中に、すでにインプットされていた言葉の数々。これらを私はアウトプットしていくんだろうか。

今まで口にしていた言葉のニュアンスももっと大切にしていきたい。今まで使っていた言葉は過去の産物で出来ている可能性があるから。その効力じゃない言葉のほうが、これから先には合っているのかも知れないから。

全てが違って見える。全て違った角度で見たい。抱えていたものに飽きたんだ。もっと新しい言葉に出会いたい。