もちもちたいむびより

日々の出来事、思う事。

たらればとか、ifとか

過去と今を比べて何度もしがむように過ごしてる。自分を諦めず、絶望を耐え抜いた日々を、心から良かったと喜べる日を迎えられている事。小さな出来事の1つ1つが過去と結びつけ、その1つ1つが今は全く違う色味をしている事を映し出す。

良いも悪いも永遠なんて無いにしても、あのもがいた日々が、自分の想像していなかった方へと舵を切り、全く知らない場所に辿り着かせた。あの日々を通過しなければ見えなかった景色に、目を見開いて驚く事しか出来ない。

もし、私があの時、感情に任せて全てを手放して自他ともにメチャクチャにしていたら、と思う。それはそれでよかったのかも知れない。その時考えられる行動としての覚悟は出来ていた。だからそれでも後悔はしなかったと思う。けれど、今の景色を見る事は一生無かっただろう。それを考えると恐ろしい分かれ道だったんだと、今だから思える。通り過ぎてからしか見えない事ばかりで、見え始めた今、本当に、本当に、本当に、あの日々を耐え抜いた自分を抱いてやりたいと思った。

スタートらしい物が見えた1年前。「1年、全力でやってやろう」と決めた。1年間、全力で走りぬいた。ゴールとする1年間のこの1か月は、新しい1年の為の調整が出来る余裕があった。1年と決めた場所は最低限の通過点でしかなくなってて、やりたい事が山ほどできた見つかった。過去は過去で、未来だけを見据えている自分に気付く。

 

足を掴まれるようなら、掴まれる前に、足を前に出そうと考えた。そうやって走って、いつか見えない場所まで行ければ、きっと色んな事を忘れられるのだろうと思った。見えない場所まで走れたかどうかは分からない。けれど「1年」と決めてから1年。その1年が終わる最後の日に、私の足を掴もうとしていた人は目の前から消える事を知った。

ずっと過去にとらわれて、目の前から消えてほしいと願い続けた。それを気にしてる自分は弱いと思った。この弱さと向き合う為に逃げずに毎日葛藤した。嫌な気持ちばかりだった。人にアドバイスは出来るのに、自分の事となるとこんなに難しいのかと、無責任なことばかりを人に言っていた事を知った。自分さえ我慢すれば丸く収まるという考えが正しい訳じゃない事を知った。色々気付かされる日々に、さし出された助け船。隣の島で過ごす事を許された。隣の島での新しい生活。全てを忘れる事は難しかったけど、環境が変わった事で、過去を考える時間は減り、変わりにその時間は未来を考える時間になった。自分を大切にしようと真剣に考え始めた。

自分を大切にしようと思ったから、誰に笑われようが本気で挑み続けた。まだ過去に囚われてるから、その日々を思い出して、こう思う。隣の島にも聞こえるほど、私は賛辞を貰い続けた1年だったでしょ、と。

きっと面白くなかっただろう。私がいつか転ぶ事を望んでただろう。もし転んだとしても、私はまた立って歩けばいいと思えるほど、もう誰かの笑い声はもう怖くなくなってた。

その相手が、もういなくなる。

 

もう本当に過去と決別を許される日が来た気がした。もう忘れていいと、誰かに言われた気がした。1年前に、こんなこと事になるとは思ってなかった。走りぬいた私への「頑張ったで賞」を貰ったような気分。

 

もう少しだけ、過去をしがむ日々は続きそうかな。