もちもちたいむびより

日々の出来事、思う事。

今こんな気持ち。

嫌な事も良い事もただ生きてるだけで過ぎていく。自身の体を通る事だけしか感じられず、私の横を通り過ぎていく物に目をくれる暇もない。色んな物が渦巻いてる中に自分が存在していて、自分を中心に物事が動いている訳じゃないと気付いている。それでも、それでも、出来るだけ自分の体の中に取り込みたいと思う。何もかも。もっと目を見開いて、遠くまで見て、小さき物も取りこぼさずに、それらを感じ取れるだけの刺激が欲しい。風を掴むイメージで、手の中をすり抜けないよう引っ張り上げるのは、きっとくだらないものなのだろう。それらを大切に抱いて、笑ってどこかに落ちていきたい。それが何処かとかもう何も考えず、ただ手を伸ばして風を掴もう。笑って何処かに落ちるため。それを見て皆続けばいい。ここは安全だよと叫ぶから。どこも安全な場所はないけど、きっと落ちていくだけで楽しい。思いっきり飛んで、乗って、跳ねて、着地するから。