もちもちたいむびより

日々の出来事、思う事。

アホなので、効率よりも、品質を重視する

 『仕事が出来る人間はスピードを重視する』という事をよく聞く。100%のものを1つ作るよりも、80%のものを2つ作る方が評価されるとかなんとか。

これってデザイナーにも当てはまるのだろうか、と忙しくなるたびに疑問に浮かぶ。もちろんテンプレを自分で作り、それをベースにデザインをするとか色々考えて効率化は図っている。それでもと、思う。全て同じ熱量で行えるほど、何かが一緒だとは思えないし、80%のものを2つ出せるのは、後20%は誰かリカバリーをしてくれる人がいる場合に限るのではないかと思う。20%足してもらえると期待もしていなかったのに、結果マイナスにされた事だってある。ならばと、100%にするための効率化を図った。それは間違いだというのか。

スピードを重視してクオリティの低いものに仕上げられて、嘆く人達を側でみて、それで評価が高いとしても、私はどうしても納得が出来なかった。

ただの仕事のやり方の違いなんだとは思う。

 

私が悩んでいたわけじゃなく、友人が同じ友人が悩んでいた。私は質を取れと答えた。今まで私が出来なかった事だから。質を取れるほどの時間なんてなく、ただひたすらにスピード重視をしてた。だから、時間がある内は、時間なんて使ってしまえよと思う。

今の私はひたすらさばいた結果からか、人手が増えて、質を求める事が出来はじめた。

あの頃私は一人で全てを抱えている気がした。今もそれに近い。頼れる場所はもしかしたらあるのかも知れないけれど、劣化されるくらいなら絶対に手放したくない。身を滅ぼしてもそれはしない。その覚悟だけは、ずっとある。

あまりにも手が回らず、手放せといわれて手放したモノの末路を見て、聞いて、そう思った。スピードだけじゃ、ダメなんだと。あんな悔しい思いは二度としたくないから。

 

誰でも通るような道なのかも知れない。雑誌で取り上げられるのはスピードだ。だけど私は質だと言いたい。会社に評価されたいとも思っていないしどうだっていいから。会社に勤めている人間としては失格だろうと自分で思う。

今日、仕事が積み積みでどれから潰そうかと考えて、1個手を伸ばそうとしたところ、頼れる所が助けてくれようとした。重要度は低かったけど、私がやった方が生産性が高そうだったのでやる事にした。『出来た』といったら速すぎて驚愕された。

元々仕事が早いと評価されている。どれ一つ手を抜いた記憶もない。それでも回らなかった時期がある。フリーランスではなく会社員だから、結局は守られた存在だけど、どこも頼れず、一人でひたすら頑張った。全て自己責任だと思って仕事している私のスピードなんて、人並みな訳がない。そこは自己評価できる。

 

そんな私が、スピードよりもクオリティだと思う。こんなんだからきっといつまでも貧乏なんだろう。我ながらアホなんだなと思う。それでも私は次の壁にぶつかるまでは、曲げる事はないだろう。『良いものは良い』って単純に思うから。